はつらつと元気に生きる、シニアのための健康百科

アルツハイマーになりやすい人とは?

アルツハイマーになりやすい人とは?

高齢者の4人に1人がアルツハイマー型認知症を発症していると言われる現在、統計的にアルツハイマーになりやすいタイプの人がわかっているそうです。次のような方は、アルツハイマー型認知症になりやすいので、注意をしてください。

アルツハイマー型認知症になりやすい人

  • 60代以上の人
    人間の脳の細胞は、加齢に伴い減少して行くため、アルツハイマー型認知症の発症も高齢になるに従い増加して行きます。一般に、80歳の人の脳細胞数は20歳の人の3分の2に減少していると言われ、アルツハイマー型認知症のリスクも高くなります。
  • 生活習慣病を患っている人
    生活習慣病と言われる高血圧や糖尿病、高脂血症などを患っている人は、アルツハイマー型認知症になりやすいと言われています。糖尿病の人は健常者の1.5倍アルツハイマー病を発症しやすいとの調査結果があります。
  • 脳血管障害を起こしたことのある人
    脳卒中や脳梗塞などの脳血管障害を起こしたことのある人は、アルツハイマー型認知症になりやすいと言われています。
  • 頭をあまり使わない人
    普段から頭をあまり使わない人は、脳細胞を活性化させる機会も少なく、高齢になってからアルツハイマー型認知症になりやすいと言われています。
  • 普段あまり運動をしない人
    普段からあまり運動をしない人は、脳への血流も滞りがちになり、アルツハイマー型認知症になりやすいと言われています。1回20分以上の有酸素運動をする人は、運動をしない人に比べてアルツハイマー型認知症になる確率が半分以下になるというデータもあります。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional