はつらつと元気に生きる、シニアのための健康百科

シニアの目の健康

シニアの目の健康・目次

  • 多くのシニアを悩ませる老眼は、実は誰もが経験する目の老化現象です。しかし、老眼は始まる時期を遅らせたり、進行を遅らせたりすることができます。

   ⇒老眼は誰でもなる?

  • 老眼は、瞳孔の大きさを調節している「虹彩筋」と水晶体の厚みを変えて目のピントを調節している「毛様体筋」が衰えることにより起こります。この2つの筋肉を鍛えることにより、目の老化(老眼)の進行を抑えたり、症状の改善を期待することができます。

   ⇒老眼の進行を遅らせるストレッチ法

  • 老眼の進行を遅らせたり、または改善したりするには目に良い食べ物を食べることが基本です。また、50歳を過ぎると目が疲れやすくなったり、白内障や緑内障、その他の目の病気にもかかりやすくなります。それを防ぐためにも普段から目に良い食べ物を食べて、目をいたわるようにしましょう。

   ⇒目に良い食べ物と目に悪い食べ物

  • シニアに多い老眼や目の乾燥、目の疲れなどを改善したり、解消するためには、食べ物から目に良い栄養素を摂るのが基本ですが、不足していると感じる場合はサプリメントから摂るのもひとつの方法です。

   ⇒目の健康に良いサプリメント

  • 最近、シニアの間でも増えているのが「VDT症候群」と言われる目を中心とした症状です。特にパソコン作業などを長時間行っているシニアの方は要注意です。

   ⇒VDT症候群が増えている

  • 顔面ミオキミアとは、まぶたの下がピクピクとけいれんする病気です。誰でも一度か二度は経験したことがあるように目の疲れや睡眠不足から一過性の顔面ミオキミアになることがあります。

   ⇒まぶたの下がピクピクする顔面ミオキミアとは?

  • 50代を過ぎると、老眼やドライアイが進行したり、目の疲れからVDT症候群や顔面ミオキミアになることもあります。目が疲れたと感じたら早めに解消しましょう。

   ⇒シニアの疲れ目解消法

  • 目の疲れを予防したり、解消するための色々なグッズが販売されているので、利用してみましょう。

   ⇒目の疲れを予防・解消するグッズいろいろ

  • 最近、視野が狭くなって来た、目が細くなって来たと感じているシニアの方は、「眼瞼下垂(がんけんかすい)」という病気があることを知っておいてください。

   ⇒まぶたが下がる病気・眼瞼下垂(がんけんかすい)とは?

  • シニア世代に多い眼瞼下垂の殆どは加齢によるもので、数年かけて少しずつまぶたが下がって来ますが、他にもいくつかの原因が考えられます。

   ⇒眼瞼下垂(がんけんかすい)の原因は?

  • 視界が狭くなってしまう眼瞼下垂(がんけんかすい)は、できれば症状が現れる前から予防するようにしましょう。

   ⇒眼瞼下垂(がんけんかすい)の予防法

  • 現代は日帰りも可能な手術による治療法が確立されており、健康保険も適用されます。

   ⇒眼瞼下垂症の程度と治療法




【PR】シニアにおすすめの酵素飲料


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional