はつらつと元気に生きる、シニアのための健康百科

認知症を予防する方法

認知症を予防する方法

今後、楽しい老後を過ごすためにも認知症になるのは、何としても避けたいですね。認知症を予防するには、まず脳を活性化させて衰えさせないことですが、他にも次のような方法があります。

  • 脳細胞に刺激を与える
    筋肉は使わないと弱くなりますが、脳細胞もそれと同じで使わないと老化が早くなります。加齢に伴い、誰でも脳の神経細胞が減少したり、細胞同士の情報伝達機能が低下するため、記憶力や集中力が低下して物忘れが多くなります。
    しかし、読書をしたり、計算問題を解いたり、パズルをしたりと、脳細胞に刺激を与えることにより、海馬の中の脳細胞が新しく出来る事がわかっています。
  • 運動をする
    運動と認知症予防は関係がなさそうですが、ウォーキングやストレッチなどの有酸素運動は、脳の前頭前野を鍛える効果があり、認知症の予防と改善につながります。軽く汗を流すくらいの散歩や山歩きも効果的です。
  • 手先を動かす
    手先を動かして細かい作業をしたり、将棋や囲碁などを行うのも脳を活性化し、認知症を予防する効果があります。両手の指を閉じたり拡げたりという運動も効果的です。
  • 食事
    大豆製品やさんま、さばなどの青魚類、海藻類は記憶力を向上させる効果があるので、毎日の食事に取り入れるようにしましょう。また、食事の際は良く噛んで食べるようにすると、唾液もたくさん出るようになり脳も活性化し、認知症の予防になります。
  • 色々なことに興味を持つ
    新しい趣味を始めたり、旅行をしたり、資格試験にチャレンジしたりと、色々なことに興味を持つと脳が活性化され、認知症の予防と改善に役立ちます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional