はつらつと元気に生きる、シニアのための健康百科

肌の老化を防ぐ、エイジングケア

肌の老化を防ぐ、エイジングケア

年齢とともに、誰もが肌の老化は感じるものですが、このまま何もしなければ、しわは増え、たるみやくすみも悪化し、しみも増えるという結果になります。それこそ本当に「老人くさい」顔になってしまいます。肌の老化をストップするためのエイジングケア(加齢対策)を、今すぐ始めてみましょう。エイジングケアの基本は、ちょっとした心がけでできるような簡単なものばかりです。

肌の基本的なエイジングケア

  • 紫外線を避ける
    肌の老化をこれ以上進行させないためには、紫外線対策が最も重要です。たとえば、あなたの顔の皮膚と普段は露出していない部分の皮膚(太ももの皮膚など)を比べてみてください。紫外線に当たっていない部分の皮膚は、しみもしわもなく、若い頃と殆ど変わらないという方が多いはずです。同時に、何年も紫外線を浴び続けることの恐さも実感できると思います。紫外線をどれだけ避けることができるかにより、5年後、10年後のあなたの肌年齢が決まって来ます。

    スポンサーリンク

  • 保湿
    言うまでもなく、シニアの肌は乾燥しがちです。乾燥したまま放っておくと肌の張りが失われ、しわも増えて来ます。洗顔後や入浴後ばかりでなく、エアコンの効いている場所に長時間いる場合も肌は乾燥して来ます。自分の肌に合った化粧水や乳液などで保湿をし、乾燥から肌を守るようにしましょう。
  • 睡眠時間の確保
    昼間、活動中に傷んだ肌は睡眠中に修復され、新陳代謝が活発に行われます。睡眠が足らないと傷んだ部分が完全に修復されないまま、また新たなダメージを受けることになります。肌を老化させないためには、十分な睡眠時間の確保が大切です。
  • 肌に良い栄養素を摂る
    きれいな肌を作る元になるのは、食べ物から摂る栄養素です。ビタミン類やミネラル類が豊富な野菜類を毎日たっぷり摂りましょう。特に緑黄色野菜に含まれるビタミンCは、メラニンの生成や活性酸素を抑え、ビタミンEは、血行を良くし、新陳代謝を活発にします。食品で摂るのが基本ですが、不足しがちな場合はドリンクやサプリメントを利用してみましょう。ビタミン、ミネラルの他、コラーゲン、コエンザイムQ10、ポリフェノール、ヒアルロン酸なども内側から肌を元気にしてくれます。
  • 適度な運動をする
    シニアの健康のために、''適度な運動は欠かせませんが、肌の老化をストップするためにも、運動は必要です。適度な運動をして全身の血行を良くすると、体の隅々まで酸素や栄養素が行き渡るようになり、また不用になった老廃物の排出も促されます。
  • 肌に良い化粧品を使用する
    外部からのエイジングケアは、肌に良い化粧品を使用することです。現在は、さまざまな50代以上の女性向け基礎化粧品が研究、開発されていますが、その中でもおすすめしたいのが、オールインワン化粧品と言われるものです。
    化粧水や乳液、美容液など、何種類もそろえるのではなく、本当に肌に良い成分で作られた基礎化粧品は、ひとつで間に合ってしまいます。
    ただし、香料や着色料、保存料などの肌に刺激を与える成分が入っていると逆効果になってしまいますので、無添加のものがおすすめです。


【15歳若い肌を手に入れよう】
「青じゅる」は、14種類の草花から搾り取った天然植物エキスと「EGF」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」などが凝縮されたゲルクリームです。
洗顔後の肌のお手入れは、これ一本で間に合います。


スポンサーリンク


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional