はつらつと元気に生きる、シニアのための健康百科

耳鳴り・めまい・難聴の関係

耳鳴り・めまい・難聴の関係

65歳以上の3人にひとりが、悩んでいるという「耳鳴り・めまい・難聴」。このシニアを悩ます耳鳴り・めまい・難聴は、それぞれの症状が単独であらわれることもありますが、3つの症状が同時に起こる場合もよくあります。耳鳴り・めまい・難聴は、それぞれ密接な関係があるからです。

耳鳴り・めまい・難聴の併発

耳から入った音は、外耳、中耳、内耳、蝸牛神経、脳という順番に伝わって行きます。このうち内耳と脳が障害を受けると、耳鳴り・めまい・難聴の症状が同時に起こります。それは、耳の構造上、蝸牛(かぎゅう)と三半規管、耳石器が隣り合っているため、お互いに影響を受けやすくなっているからです。
また、脳に音を伝える蝸牛神経と、平衡感覚を司どる前庭神経も並行しており、細い管でつながっています。そのため、蝸牛神経と前庭神経のどちらか一方の神経が障害を受けると、もう一方の神経も影響を受け、耳鳴り・めまい・難聴の症状が併発する可能性が高くなるのです。その他、全身性の病気で、血管の血液が流れにくくなり、耳鳴り・めまい・難聴を併発することもめずらしくありません。

耳鳴り・めまい・難聴が同時に起こりやすいのはこんな時

  • 耳の異常
    外耳や中耳に異常がある場合、耳鳴りと難聴が主な症状になりますが、内耳の異常では、耳鳴り・めまい・難聴が同時に起こることが多くなります。耳の異常には、中耳炎、メニエール病、突発性難聴、良性発作性頭位めまい症などがあります。
  • 脳・聴神経の異常
    脳や聴神経の異常では、めまいを起こすことが多くなりますが、耳鳴り・めまい・難聴を併発することも多くあります。
    脳・聴神経の異常には、脳梗塞、脳出血、椎骨・脳底動脈循環不全、脳腫瘍、聴神経腫瘍、前庭神経炎などがあげられます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional