はつらつと元気に生きる、シニアのための健康百科

細胞分裂の回数券・テロメア分裂とは?

細胞分裂の回数券・テロメア分裂とは?

人間の体を作っている細胞は、分裂を繰り返しながら日々新しく生まれ変わっています。しかし、テロメアによりその分裂の回数が決まっているとしたら・・・。細胞はそれ以上分裂することができなくなります。

細胞分裂の回数はテロメアにより決まっている

人の正常細胞が無限に分裂を繰り返すならば、老化はないことになります。しかし、実際には分裂の回数が決まっていて、50回ほど分裂すればもうそれ以上は分裂できなくなっています。細胞の分裂を止めてしまうのが、染色体の末端にあるテロメアの短縮であるといわれ、それを「テロメア説」と言っています。

テロメアとは日本語で「染色体末端粒」と言い、細胞の核の中にある染色体の両端にある保護構造のことを指します。細胞が分裂する時にはDNAも2つに複製されますが、複製されるたびにテロメアの先端が切り捨てられて行きます。まるで、50回分の回数券がひとつづつ使われて行くような感じです。そしてついに、このテロメアの部分がなくなってしまうと細胞分裂は停止してしまいます。
このためテロメアを「細胞分裂の回数券」あるいは「分裂時計」と言っています。
私たちの体の中には、回数券がなくなってしまい、細胞分裂ができなくなってしまった細胞がだんだん増えて行くことになり、老化が進行して行くことになります。

このテロメア説は、まだはっきりと実証されている訳ではありませんが、人間の体の不思議を感じさせてくれますね。
ちなみに、がん細胞にはテロメアを長くする酵素テロメアーゼが大量に存在するため、無限に細胞分裂を繰り返すそうです。

スポンサーリンク


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional