はつらつと元気に生きる、シニアのための健康百科

紫外線を浴び続けるとどうなるか

紫外線を浴び続けるとどうなるか

紫外線は怖いとよく言われますがなぜ怖いのか、紫外線を浴び続けるとシニアにとってはどのような悪影響があるのかを確認しておきましょう。紫外線は肌に最も深刻なダメージを与え、シミやシワなどを作って老化を促進させますが、肌以外にも身体にさまざまな悪影響を与えることが知られています。

紫外線の肌への悪影響

紫外線を浴び続けると、肌には次のような変化が現れます。

  • シワが増える
    シニアにとってはこれ以上増えて欲しくないシワ。ところがこのシワの発生に紫外線は大きくかかわっています。紫外線の一部(UV-A)は、表皮を通り抜け真皮層まで到達し、肌のはりを保っているコラーゲン繊維を切断し、エラスチンを変性させます。この結果、皮膚は弾力を失ってひだができ、それがシワとなります。
    長い間、紫外線にさらされた顔や手にシワができても、お腹や太ももの皮膚は若い頃と同じくらいきれいなのは、このためです。

    スポンサーリンク

  • シミ・ソバカスができる
    直射日光を浴びると、皮膚では有害な紫外線から肌を守ろうとして、メラニン色素が作られます。このメラニン色素は、やがて新陳代謝により排出され消えて行きますが、大量の紫外線を浴び、大量に作られると排出が間に合わなくなります。その結果できるのがソバカスですが、メラニン色素が特定の場所に集まるとシミとなって現れます。
    最初は色の薄いシミやソバカスでも、それを無視して紫外線を浴び続けると、徐々に色が濃くなり、シミも広がってきます。
  • タルミがひどくなる
    肌のタルミと紫外線は関係なさそうですが、実際には大いに関係があります。表皮を通り抜けて真皮層まで到達した紫外線は、肌の弾力を支えているコラーゲン繊維やエラスチンを破壊したり変性させてしまうからです。そうなると、肌は内部から弾力を失い、たるんでしまいます。
  • 肌が荒れやすくなる
    直射日光にさらされた肌は、表面から水分が蒸発し乾燥します。その結果、肌は潤いを失い、バリア機能も低下するので、かぶれや肌荒れを起こしやすくなります。また、強い紫外線を浴びると大量の活性酸素が発生しますが、それによって皮脂が酸化し毛穴につまりやすくなるため、大人ニキビが発生したり、時には炎症を起こすこともあり、肌荒れをさらに悪化させます。
  • 皮膚炎を起こすことがある
    今までは少しくらいの紫外線を浴びても何ともなかったのに、突然、皮膚炎を起こすということがあります。これはアレルギーの一種で日光アレルギーとか、光線過敏症と言っています。その中でもある種の薬を飲んだ後に紫外線を浴びると皮膚炎になる「光線過敏型薬疹」や、特定の物質に接触した後に紫外線を浴びると皮膚炎になる「光接触皮膚炎」などがあります。
  • 皮膚ガンになることがある
    紫外線が肌に与える悪影響の中でも、最も恐れられているのは、皮膚ガンの原因になることです。紫外線は、表皮細胞の遺伝子を傷つけますが、通常なら傷ついた遺伝子は自然に修復されます。しかし、強い紫外線を浴び続けた場合、修復が追いつかなかったり、遺伝子のプログラムが間違って修復されてしまい、皮膚ガンを発生させます。


紫外線は肌以外にも悪影響を与える

紫外線は、肌の老化を促進したり皮膚ガンの原因になることがありますが、それ以外にも次のような悪影響を身体に与えます。

  • 抜け毛を促進する
    紫外線を頭部に浴びると、頭皮の細胞がダメージを受け、抜け毛が促進されます。
  • 白内障の原因になることがある
    白内障は、眼の水晶体が濁ることにより、視力が衰えたり失明することがある疾病ですが、紫外線を浴び続けることにより、そのリスクが高くなります。
  • 活性酸素を増やす
    身体をサビつかせる元になる活性酸素が、紫外線により大量に発生します。その結果、全身の細胞が影響を受け、疲れやすくなったり、老化が促進されます。
  • 免疫機能を低下させる
    紫外線を浴び続けると免疫機能が低下し、ウィルスや細菌に対する抵抗力が弱まり、さまざまな病気にかかりやすくなります。


スポンサーリンク


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional