はつらつと元気に生きる、シニアのための健康百科

心の健康を保つ生活をしよう

心の健康を保つ生活をしよう

シニアにとって、体の健康と同じように大切なのが心の健康です。普段から心の健康を保つ生活を心がけることにより、家族関係やその他の人間関係も良くなり、ストレスも上手にコントロールしてハッピーな毎日をおくることができます。心の健康を保つ生活は、ちょっとした日々の心がけで実践することが可能です。

心の健康を保つコツ

  • ストレスに気づく
    まず、現在の精神状態を冷静に見直してみましょう。わけもなく憂うつになっていたり、常にイライラしていたり、ネガティブなことばかり考えてしまう場合は、ストレスがかなりたまっています。また、頭痛や肩こりがひどかったり、食欲がなかったり、胃の調子が悪かったり、眠れない日が続いている場合もストレスが関係しています。自分の中の過剰なストレスに気づくことにより、心の健康を保つための対策をたてやすくなります。
  • 思いっきり悩んだ後は天命にまかせる
    どんなに悩んでも解決できないことはあります。そのような場合、悩んでも悩んでも迷路に入り込むばかりで、やがて心身の健康まで蝕まれてしまいます。
    思いっきり悩んだあとは、天命または成り行きにまかせて放っておきましょう。悩みの多くは、こだわるのをやめた時に、意外な解決策が見つかったり、時間とともに自然に解決します。
  • 何事もあせらない
    想像もしていなかった事が起こるのが人生です。どんな事が起ころうとも、パニックにならずに、冷静に、悠然としていましょう。それが心の健康を保つとともに、家族にとっては救いにもなります。
  • 楽しい事をする時間を増やす
    人生は、苦しむためではなく、楽しむためにあります。自分の好きなこと、楽しいことをする時間をもっと増やしましょう。ワクワクする時間が増えることは、心の健康を保つばかりでなく、老化防止にもなります。
  • 体を動かす
    心配事や不安は、何もしないでじっとしていると、そればかりに囚われてしまい、さらに心の中が重苦しくなってしまいます。ともかく、家の中の掃除をしたり、庭をかたづけたり、ウォーキングやジョギング、その他のスポーツをして汗を流しましょう。多少、疲れは残りますが汗を流したあとはスッキリとして、心も軽くなります。
  • 今までやった事のない事をやってみる
    趣味やスポーツ、外食など、今までやった事のない事や、行った事のない所へ行ってみましょう。未知のものに触れたことによる新しい刺激と経験は、心の健康にも大いに役立ちます。
  • ゆったりとお風呂に入る
    ゆったりとお風呂に入り、ボケーッとする時間も大切です。お風呂に入ることにより、日頃のストレスを洗い流し、心身の疲れをとってリセットすることができるからです。
  • 音楽を聴きながら寝る
    好きな音楽を聴きながら寝ることにより、心がリラックスして良い夢を見ることができます。また、読書が好きな方は、気持ちが安らぐような本を読むのもおすすめです。


スポンサーリンク


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional