はつらつと元気に生きる、シニアのための健康百科

女性の尿漏れの原因は?

女性の尿漏れの原因は?

シニア女性の尿漏れの原因で圧倒的に多いのが腹圧性尿失禁(ふくあつせいにょうしっきん)です。咳やくしゃみをした時、笑った時、立ち上がる時など、お腹に力が入ったはずみで尿が漏れてしまうもので、40歳以上の女性の約半数が経験していると言われます。腹圧性尿失禁が進行すると、早足で歩いたり、階段の昇り降りをするだけでも症状が現れてきます。

腹圧性尿失禁が女性に多い訳

なぜ腹圧性尿失禁が女性に多いのか、その理由として次のような事があげれれます。

  • 男性に比べ、尿道が短い
    尿道とは、膀胱と尿道口をつないでいるもので、排尿のときには膀胱が下がって尿道が開きます。しかし、男性の尿道の長さが約25cmあるのに対して、女性の尿道は約4cmと短くなっています。お腹に力が入って膀胱が下がった拍子に尿道も反射的に開いてしまい、膀胱に溜まっていた尿が体外へ排出されてしまうのが腹圧性尿失禁ですが、女性の場合、尿道を閉める括約筋が弱いため、さらに尿漏れを起こしやすくなっています。
    男性の場合は、尿道が長いほか、前立腺が尿道を閉める効果があるため、腹圧性尿失禁は少なくなっています。
  • 骨盤底筋のゆるみ
    骨盤底筋とは、骨盤内にある膀胱や尿道、膣や子宮、直腸などをハンモックのように吊り上げ、支えている大切な筋肉です。女性の場合、この骨盤底筋の力がもともと弱いのですが、出産や加齢、肥満などが原因で負担がかかり、ゆるんで来ます。骨盤底筋がゆるんで来ると、膀胱や膣も下がり、尿道が圧迫されるようになります。
    骨盤底筋がいったんゆるむと膀胱や尿道は、常に下がりぎみになり、尿道の締まりも悪くなります。そこに咳やくしゃみなどで圧力が加わると、ちょっとした力でも尿漏れが起きてしまうのです。

※女性の尿漏れは、この腹圧性尿失禁が最も多くなっていますが、このほかに「過活動膀胱」による尿漏れもあります。


スポンサーリンク


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional