はつらつと元気に生きる、シニアのための健康百科

シニアの肌の悩みは深刻

シニアの肌の悩みは深刻

50代以上の女性にとって(あるいは男性にとっても)、肌の悩みは深刻です。肌の状態によってその人が若々しく見えるかどうか、生き生きとしているかどうか、一目瞭然というところがあるからです。むろん、10代、20代の頃と同じような肌というわけには行かないとしても、多少のシワやくすみはあったとしても、はつらつとした明るさを感じさせる肌でいたいですね。

シニア世代の肌の悩み

シニア世代は、色々な肌のトラブルを抱えていますが、主に次のような肌の老化現象というものに悩んでいます。

  • しわ
    常に50代以上の肌の悩みのトップにあげられるのが、「しわ」です。しわには、小じわ、ちりめんじわ、表情じわ、ほうれい線など、色々な種類がありますが、どのしわもたくさんあったり、深かったりすると老化を感じさせます。
  • たるみ
    たるみも肌の老化現象のひとつです。肌の張りが失われた結果、たるんでくるもので、極端な例ではブルドッグみたいな表情になってしまいます。
  • しみ
    しみで悩んでいるシニアの方もたくさんいます。以前からあったしみが濃くなったり、今までなかったところにしみができたりすると、ますます悩みも深くなります。
  • くすみ
    顔全体の色が暗い感じに見える「くすみ」は、血行不良が原因で起こりますが、首の色よりも顔が暗く見えたり、おでこの生え際よりも顔のほうが暗く見えると、不健康な感じを与えます。
  • 乾燥
    乾燥肌も、シニアに多い肌の悩みのひとつです。入浴の後や、洗顔の後、肌がカサカサになってしまい、しわの原因にもなります。

このように、老化現象が引き起こすシニアの肌の悩みは、たくさんありますが、「年だから・・・」とあきらめる必要はありません。肌の仕組みを知り、正しいお手入れをすることにより、肌の老化を遅らせたり、改善したりすることが可能です。また、現代は色々なエイジングケアに関する研究が進められており、新しい化粧品もぞくぞくと開発されています。


スポンサーリンク


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional